事務派遣は未経験でも大丈夫!求人の探し方や最低限必要なスキルを紹介

アルバイトよりもしっかり稼げる派遣社員を検討している人も多いでしょう。子育てなどで長時間のお仕事にブランクがある人にとっては正社員として働くよりも、派遣社員として働くほうがライフバランスも調節しやすくおすすめです。

加えて事務職は求人数も多いので残業が少ない会社や駅に近い会社、大手・有名企業などこだわりの求人を探しやすくもあります。

ただ、気になるのは今まで事務職を経験したことがない場合

派遣社員として会社へ派遣されることは、ただでさえアウェイな環境で不安が多いのに、事務職の経験がないことで肩身が狭い思いをすることになるのではないか…。

初めて派遣社員として働く前はそんな思いで、なかなか一歩が踏み出せないかも知れませんが、安心してください。今まで事務職を経験したことがない未経験者でも歓迎してくれるような求人は思っているよりも多く存在するんです。

初めて事務職の仕事をしたいと考えている人は、まずは事務派遣で未経験者歓迎の求人を探してみることをおすすめします。

【事務派遣/未経験】未経験者の3つのポイントを解説

【事務派遣/未経験】未経験者の3つのポイント :①事務職は未経験歓迎の求人が多い

派遣社員未経験の3つのポイントの1つ目は「事務職は未経験歓迎の求人が多い」です。未経験者を歓迎する求人は様々な業種・職種で募集されていますが、中でも事務職は非常に多いのが特徴です。

求人に出ている職種は主に一般事務やOA事務。単純なデータ入力や雑務など誰でもできるような仕事内容なので、今まで事務職の経験がない人でも問題なく業務を行うことができます。

求人数が多い職種をまず選ぶことをおすすめするのは理由がありまして、それは働く上での自分のこだわり条件をより多く採用することができるからです。たとえば、勤務先は駅から近いほうが良い、大手企業で働きたい、残業がない会社、それぞれ優先したい条件はみなさん持っているはずです。

自分にとって良い求人に出会えるかどうかは、基本的にタイミング次第にはなってしまいますが、その確率を少しでも高めることが大切。となると手っ取り早いのが、求人数が多い職種を選ぶ、ということなのです。

【事務派遣/未経験】未経験者の3つのポイント :②未経験OKでも最低限のPCスキルは必要

派遣社員未経験の3つのポイントの2つ目は「未経験OKでも最低限のPCスキルは必要」です。事務職が未経験の人でも歓迎してくれるだけで、何もできない人を募集しているわけではありません。

昨今の事務職といえば、ほとんどの企業でパソコンを使った仕事をしています。なので、パソコンの基本的な操作方法が分からない状態ではいくら事務職未経験者OKの求人でも採用されるのは難しいでしょう。

とはいっても特技として披露できるほど使いこなせる必要はなく、ExcelやWordを使って表を作ったり、文章を作成することができる程度で十分です。

全く自信がない人は、派遣会社側で事務職に必要なPCスキルを無料で教えるサービスがありますので受講してみるといいでしょう。1~2時間程度で習得できると思いますよ。

【事務派遣/未経験】未経験者の3つのポイント :③求人数が多い派遣会社を選ぼう

派遣社員未経験の3つのポイントの3つ目は「求人数が多い派遣会社を選ぼう」です。 いかなる条件であっても求人数が多い派遣会社で探すことをおすすめします。

全体として事務職の派遣社員は未経験者を歓迎する求人が多いとはいっても派遣会社によってその求人数は異なるので、事務職に強い派遣会社に登録してみることが理想の職場に出会う秘訣なのです。

派遣会社によって、技術職の派遣に強かったり、看護師の派遣に強かったり様々。事務職に関していえばテンプスタッフが圧倒的に求人数が多いのでおすすめです。

【事務派遣/未経験】事務職の求人には未経験者を歓迎する募集が多い

【事務派遣/未経験】事務職の求人には未経験者を歓迎する募集が多い

派遣社員として働く場合、ある程度経験や何かしらのスキルを盛っている人の需要が高そうな印象があるかもしれまんせんが、事務派遣の場合は未経験者を歓迎する求人が数多くあるのが特徴のひとつです。

事務職といっても企業によって仕事内容は様々なので、実際は求人を出している派遣先と仕事内容について良く確認する必要はありますが、「未経験者でもOK」という求人を出している場合は、知識やスキルがなくてもできる仕事を割り振られることがほとんどです。

いままで事務職として働いたことがない人は、まずは未経験者歓迎の求人で仕事をこなして働きながらスキルアップを目指して、段階的に経験者として少しずつ時給の高い案件を受けていくことがおすすめです。

事務職で未経験でもできる仕事内容の種類は?

一口に事務職といっても未経験でもこなせる仕事内容から専門的な知識やスキルが必要な仕事内容まで多くの種類があります。

事務職の種類の例

  • 一般事務・OA事務
  • 営業事務
  • 経理事務
  • 人事事務
  • 労務事務
  • 総務事務
  • 法務事務
  • 貿易事務

この中で未経験者歓迎の求人の多くは「一般事務・OA事務」です。仕事内容は各企業によって異なりますが、基本的にはExcelやWord、ソフトへのデータ入力や雑務、来客対応などになります。場合によっては電話応対まで業務の範囲に含まれることがあります。

たまにデータ入力に特化した求人がありますが、一般事務に対して覚えることが少なく、黙々と業務に集中できるので、PCの入力がスムーズにできる人にはおすすめです。

未経験の一般事務・OA事務の時給

未経験の条件で事務派遣の時給はどのくらいなのでしょうか。事務職の求人が多く掲載されている「テンプスタッフ」で実際に募集されている求人を見てみましょう。

東京の求人①

  1. 事業内容
  2.   行政書士事務所

  3. 時給
  4.   1,400円

  5. 仕事内容
  6.   ・官公庁に提出する書類の作成
      ・データ入力
      ・受注状況の管理
      ・電話・来客対応 など

  7. 応募資格
  8.   ・社会経験がある方
      ・PC基本操作ができる方(Excel入力程度)
      ・電話応対の経験がある方

引用元:テンプスタッフ

東京の求人②

  1. 事業内容
  2.   大手流通業界のグループ

  3. 時給
  4.   1,650円

  5. 仕事内容
  6.   ・契約書作成
      ・データ入力・登録作業
      ・見積書作成
      ・書類ファイリング
      ・電話対応 など

  7. 応募資格
  8.   ・事務経験を積みたい方
      ・Word:文章入力・修正
      ・Excel:文字入力・修正

引用元:テンプスタッフ

大阪の求人①

  1. 事業内容
  2.   保険事業

  3. 時給
  4.   1,200円

  5. 仕事内容
  6.   ・申込み書類の不備チェック
      ・書類のナンバリング・ファイリング
      ・データ入力
      ・電話対応 など

  7. 応募資格
  8.   ・業界未経験&事務未経験OK

引用元:テンプスタッフ

大阪の求人②

  1. 事業内容
  2.   大手ガス会社のコールセンター

  3. 時給
  4.   1,300円

  5. 仕事内容
  6.   ・ガスを契約中のお客様からのお問い合わせ
      ・申込用紙の再発行依頼
      ・引き落とし日の確認や支払い方法の変更
      ・ガスが止まってしまった方からの再使用依頼 など

  7. 応募資格
  8.   ・PCの基本操作ができる方

引用元:テンプスタッフ

全国的に時給を比較してみると都会ほど高い傾向にあり、東京の求人が最も高く、未経験の事務派遣でも時給1,500円を超えてくるものもあります。

大阪の場合は、東京に比べて時給は100円~300円ほど下回りますが、求人の数も多く、こだわりの条件で探すことができます。

その他の地域の求人は実際に検索してみてくださいね。

事務職未経験の求人に必要なスキルは?

事務派遣で未経験者歓迎の求人といっても、募集要項を見ていると最低限の知識やスキルが求められていることがわかります。

たとえば、よく見かけるのがExcelやWordの基本的な使い方。今の時代、ExcelやWordを使わずにアナログな記録方法を行っている企業はまずないでしょう。

逆にExcelやWordなどのPC関係の知識が全くない状態だと嫌煙される可能性があります。Excelの関数やタッチタイピングが当たり前のようにできるほどの知識は必要ありませんが、そこまで未経験の状態での採用はなかなか難しいと思います。

当サイトの「事務派遣おすすめランキング」に掲載させていただいている派遣会社では、ExcelやWordなどの基本的な使い方などを無料で学べるスキルアップ支援を受けることができます。

派遣先を探している際の隙間時間や、事務派遣として働き出したタイミングで必要だと思う知識やスキルを積極的に伸ばしていくことで将来的なキャリアアップに繋がります。

キャリアアップのために磨いておいたほうが良いスキル

可能であるならばより高い時給で働きたいもの。しかし、高時給の求人は経験やスキルが当然のように求められます。ということであれば、比較的需要の高いスキルを習得することができれば将来的なキャリアアップに繋がりますね。

また、同時にこのスキルは第三者から見て評価しやすい形である必要があります。たとえば、「英会話ができます」と特技を披露しても、それが日常会話レベルなのか、ビジネス英語として使えるレベルなのか、はたまたネイティブ並みに話せるレベルなのか判断のつけようがありません。

そうではなくて、「TOEICで700点の実力があります」などといったようになるべく初対面でもスキルレベルを判断できるようなカタチが必要なのです。

それらを踏まえると、未経験者がまず磨くべきスキルは公的な試験や資格の取得のための知識です。たとえば以下のようなもの。

事務職未経験者が磨くべきスキルの例

  • ExcelやWordなどのOAスキル
  • TOEIC・TOEFL
  • 日商簿記検定

その他、各業界で働いたことがある経験というものも武器になります。貿易関係の業界や金融関係の業界では、より専門的な知識が必要となる場合があります。もちろん結局はその業界で働かなければ経験は積めませんので、未経験者歓迎の求人でも将来的に需要が高くなりそうな業界を選んでみるのもキャリアアップにつながる一つの手です。

【事務派遣/未経験】事務職の未経験者向けの求人が多いおすすめの派遣会社

【事務派遣/未経験】事務職の未経験者向けの求人が多いおすすめの派遣会社

事務派遣の未経験者向けの求人が多い派遣会社は「テンプスタッフ」です。テンプスタッフは常に約7,000社の企業から10,000件以上の求人があり、大手からベンチャー企業まで幅広く掲載されています。

なんといっても事務職の求人が多いのがおすすめのポイントです。求人を探すときも未経験歓迎の募集を簡単に探すことができますし、求人数も充実しています。

求人数が多い派遣会社をおすすめするのは、より自分のライフスタイルにあったこだわり条件でのお仕事を見つけやすいから。

事務派遣といっても、同じ仕事内容の求人はありませんし、閲覧したタイミングの運もある程度関わってきます。ということであれば、少しでも理想の職場を探せるように求人数が多い「テンプスタッフ」がおすすめなんです。

テンプスタッフで未経験者歓迎の求人を探す方法

テンプスタッフ」では求人一覧の検索窓で簡単に未経験歓迎の案件を探すことができます。他にも大手・有名企業や残業なしをアピールしている求人にも簡単に絞ることができるのでより自分好みのお仕事を探すことができますよ。

オフィスワークの求人一覧を表示

オフィスワーク(事務職)の求人一覧を表示させます。

「こだわり」の欄にある「未経験歓迎」を選択

「未経験歓迎」を選択すると該当件数が18718件から13006件に絞られました。

検索ボタンを押す

あとは検索ボタンを押すと、下にオフィスワーク(事務職)の未経験歓迎の求人が一覧で表示されます。

検索ボタンの右側にある「もっと詳細な条件を指定」を選択すると、始業時間や残業時間、休日についてこだわりの条件を追加することができます。

注意しておきたいのは、あまり条件を追加しすぎると求人数も少なくなってしまうので選択肢が減ってしまいます。求人の募集要項には記載が省略されているケースもあるので、最低限ここだけは譲れない条件だけ追加することがおすすめです。

【事務派遣/未経験】事務職の派遣社員と正社員を比較したときのメリットとデメリット

【事務派遣/未経験】事務職の派遣社員と正社員を比較したときのメリットとデメリット

事務職につきたいと考えたとき、派遣社員として派遣先で働くのか、または正社員として働くのか、迷う人は少なくないと思います。

初めに結論を述べておくと、それぞれ理想とする働き方によって派遣社員が合っているのかはたまた正社員が合っているのか異なってきます。

大切なのは何を最も優先すべきかということを心の中で決めておくこと。その軸を明らかにしておくことで手段と目的がぶれることなく当初の理想の働き方を手に入れることができます。

例えば給料の面だけ派遣社員と正社員を比較してしまうと、ほとんどの企業で正社員の方が給料が高いと言う結果になるでしょう。

確かに働く上でお金は重要視すべき点ですが、残業や休日出勤など就業時間の側面で見てみると、派遣社員の方がきっちり時間通りで終わりライフバランスをとりやすいメリットがあります。

これらの双方の側面を自分の理想とする働き方に当てはめてみて最もしっくりくる方が今のあなたに理想の働き方と言えるでしょう。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員のメリットはなんといってもライフバランスの取りやすさです。自分の希望する働き方の求人で契約しておけば大抵の場合そこからぶれる事はありません。

例えば、残業なしの求人であれば突発的に派遣先から残業を依頼される事はありませんし、仮にされたとしても雇用されている派遣会社に訴えることもできます。

また、毎日8時間のフルタイムで働きたくない場合は、短時間業務の派遣先にすればいい。このように自分の理想とする働き方やこだわりの条件を調節しやすいのがメリットです。

逆にデメリットを挙げるならば、将来的な給与の上がり幅に限界があること。派遣社員の場合通常は3年ルールができをされるので同じ派遣先で長期間勤める事はできません。そうなるとなかなかキャリアを積み上げていく事は難しく、正社員と比べると昇給の機会は減ってしまいます。

ただ、派遣社員の給料自体は低すぎる事は決してなく、働きだしてから数年の正社員と年収を比べてみるとそこまで差はありません。休日の取り方などを考えてみればむしろ派遣済の方が待遇が良い場合もあります。

正社員のメリット・デメリット

対して正社員のメリットは、将来的な収入アップの可能性は大きいです。また、会社によっては仕事の成果によってインセンティブが支払われることもあります。

当たり前ですが、派遣社員よりも責任のある仕事を受けることができるので、経験を積むことができるとともに、仕事に対してやりがいを感じることも多いかもしれません。

一方で正社員のデメリットは、仕事に関する責任から仕事量の調節が難しく、残業や休日出勤をどうしてもしなければならないこともあります。仕事内容に関しても幅広く管理しなければならないことが多く、給料という報酬の代わりに求められることも多くなります。

また、正社員になると移動や転勤に原則は従わなければなりません。自分が希望する土地や部署に異動することになればいいですが、なかなか希望通りいかないのが現実です。

派遣社員からの正社員になる紹介予定派遣制度を利用する

派遣社員か正社員か悩んでいる場合は、「紹介予定派遣制度」を利用することも良いでしょう。一般的には派遣社員として派遣先で普通に働いたあと、正社員の希望を出したところで採用される可能性はあまり高くありません。かといって最初から正社員での就職活動を行ってもいざ入社してみたら思っていた職場と違った、ということもあるでしょう。

そのようなミスマッチを防ぐことができるのが「紹介予定派遣制度」です。

紹介予定派遣のしくみ

正社員や契約社員として雇用されることをはじめから想定して、一定期間派遣社員として就業します。
ここで働きたいという「あなた」と、社員としてぜひ働いてほしい「企業」との相互合意ができた時に正式に社員として雇用されます。まずは、派遣というスタイルで実際に働き、自分にマッチした仕事内容・職場かどうかを見極めてから、正社員や契約社員への道を開くことができるしくみです。

テンプスタッフ

紹介予定派遣制度を利用した場合、派遣社員として働くことができる期間は最長で6ヶ月間までですが、その間に雇用側と企業側の双方で見極めができるのです。

この制度をうまく使えば、派遣先の職場環境を働きながらじっくり体験したあとに、このまま働き続けるけることができるか判断できます。また、派遣社員として働いている期間は派遣会社からのサポートも受けることができるので、納得がいく転職活動ができます。

【事務派遣/未経験】未経験から事務職へのチャレンジを応援するキャリアウィンク

【事務派遣/未経験】未経験から事務職へのチャレンジを応援するキャリアウィンク

リクルートスタッフィングが提供している「未経験のから事務職へのチャレンジ」を応援するキャリアウィンクというサービスがあります。このサービスは、リクルートスタッフィングに入社し、無期雇用派遣として派遣先で働くというもの。

通常、派遣社員として働く場合、同じ派遣先には3年以上働き続けることができませんが、キャリアウィンクのサービスを使って無期雇用派遣として派遣されることになると、期間的な制限はありません。

人材派遣会社であるリクルートスタッフィングに所属しているため、ビジネスマナーやOAスキルなどの研修を受けることができますし、研修担当者からのフォローも充実しています。

また派遣社員の場合、時給制が多いですが、無期雇用派遣として働く場合は、月給制になります。安定した収入を得ることができると共に、昇給や賞与も一般的な正社員と同じように保証されています。

事務派遣が未経験で働くことに不安がある人にはおすすめできるサービスですので、ぜひ検討してみてください。

キャリアウィンクを利用した人の口コミ

田中さん

自分が有名企業のオフィスにいる。働いてみるまでイメージができなかった。社会経験の少ない人でもスキルを身につけられるという事で応募。有名企業でのデスクワークは、テレビドラマのような世界ですごく新鮮でした。

鈴木さん

以前は連休がなかったこともあって体を休めることだけに休日を費やしていた。前職では実現できなかった土日祝日休み、今後に活かしたい「エクセル・ワード」などのスキルを身につけ事務職をしたいという想いが叶いました。